専門スタッフによる療育

  • HOME »
  • 専門スタッフによる療育

スタッフについて

 ラポール発達教室は、公認心理師、臨床心理士、臨床発達心理士、言語聴覚士、社会福祉士、保育士、児童指導員や教諭などが勤務しています。また、心理判定経験者も在籍し、発達検査や知能検査を担当します。更にスタッフは、教育や心理士系の大学院卒や学会にて常に学び続ける姿勢と熱意を持ち、子どもたちをサポートします。

専門性の高いスタッフが、検査や行動観察からお子様を包括的に捉え、カンファレンスを行います。複数の支援の選択肢から「子どもの最善の利益」に適うものを選択し、保護者のみなさんにご提案させて頂きます。

主なスタッフ紹介

児童発達支援管理責任者

小山 聡(精神保健福祉士)

東北福祉大学通信教育学部社会福祉学科卒業

医薬品関係の専門学校を卒業し、通信大学で精神保健福祉士を取得しながら生活介護事業所で生活支援員として働いていました。その後、個別療育を主とする児童発達支援事業所で児童発達支援管理責任者・管理者として経験を積みました。またボランティアとして電話相談(特に不登校や学校でのトラブルについて)や誰でも楽しく描ける筆文字の講師をしながら地域の皆さんと共に過ごして参りました。

専門は、子どもから大人まで発達障害や精神障害、重度障害の方の支援です。青年期や成人期、老年期などを見据えながら幼児期の支援では、何が必要なのか?ご家族様と一緒に考えて成長を見守っていければと思います。

野々部 夫磯子(公認心理師/臨床発達心理士/保育士)

所属学会:日本特殊教育学会、日本LD学会
南山大学 大学院 人間文化研究科 修了

 大学院生時代は、主に育児不安の研究に取り組みました。その後、保育現場での勤務を経て、大学や専門学校にて保育原理の非常勤講師を務めます。 また、特定非営利活動法人成長・発達サポートあいち(子育て支援)の理事長として親子講座のプログラムの開発、講師の育成や指導などを担当してきました。

専門は、知的障害を伴ったお子様の支援です。無邪気に笑う子どもたちに寄り添い、必要な支援をいつも考えています。最近では夢でも考えるようになっています(笑)。また学習障害児も担当いたします。ラポール発達教室Advanceでは、主に療育プログラム作成などに取り組んでいます。

主任・保育所等訪問支援員
竹内 聡子(保育士/幼稚園教諭)

所属学会:日本特殊教育学会

 幼稚園や保育園に長期勤務したことにより、様々なお子様と出会い、発達に不安を持つお母様の気持ちや子どもたちが抱く気持ちに少しでも寄り添いたい、力になりたいとの思いが強くなりました。

そのため、児童発達支援センターで8年間、子どもたちの目線の先や挑戦したい気持ちの受け止め方、保護者や子どもたちの心に寄り添った療育の仕方について知識を深めて参りました。ラポール発達教室Advanceでは、主に養護学校や支援級のお子さんを担当させて頂きます。無発語から言葉を引き出すことに粉骨砕身の気持ちで頑張ります。

中野 恭仁子(言語聴覚士/中学1級・高校2級免許 専門国語)

 日本語教師の学校に通い、出産後も日本語教師のボランティアを長年する中で、日本語のわからない生徒さんと少しずつ言葉を交えてコミュニケーションをとることに楽しみを見出しました。その後は一般企業に勤めていましたが、やはり言葉を通して人と関わる仕事に就きたいと一念発起し、言語聴覚士の学校に入り言語聴覚士になりました。

食べ物を咀嚼できないお子さんを担当し、今では、遠足のお弁当までピカピカ★に食べてくれる様子を見て、心から嬉しく思います。保護者の方と一緒にその子の育ちを応援できる存在として一生懸命に頑張ります。また子どもと接する時には楽しく言語訓練を展開していきたいと思います。性格は穏やかでお子さんとじっくりかかわれると思います。お子様や保護者様が少しでも笑顔になれるように、ともに考えていきたいと思います。

阿部 奈穂美(公認心理師/保育士)

名古屋大学 農学部卒業

大学時代は、「自然が人間心理に及ぼす効果」について研究をしたいと考えていました。
今、思い出すとあの頃から心理学に強い興味があったのだと思います。その後、結婚し子育てする中で保育の道へと進みました。
 保育士時代は、園長として障がい有無など関係なく「ともに育ちあう」保育の実践に努めてまいりました。その経験から療育についてより深く学ぶ必要性も感じラポール発達教室に入社致しました。
 今後は心理学なども学び子どもたちと一緒に成長していきたいと思います。子どもたちが「できた!できるんだ!」と目をキラキラ輝かせる瞬間をいつも考えながら精一杯関わってまいりたいと思います。

横地 ひろこ(児童指導員)

私は、大学で心理学を専攻し、ラポール発達教室のオープニングから現在に至るまで支援をさせて頂いています。日々、とても大切な事を沢山のお子さんや保護者様から学ばせていただく中で、特にお子さんにとっての分かりやすい言葉掛けまたは行動を明確に伝えることが、成長に繋がりやすいと実感しています。
ラポール発達教室のオープンでは代表と藪下児発管と私の3人スタートでした。それから多くの先生方と一緒に療育技術を磨き合っていきました。更に、ラポール発達教室Advanceの開所で専門性が高い先生方が増えました。日々、仲間とともに子どもの最善の利益を考えながら頑張っています!個人的な夢は、竹内主任のような療育技術を持った療育者になることです。
これからもお子様に寄り添いながら頑張ってまいります。

武田邦子(保育士/中学校一級・高等学校二級社会科教諭免許)

 「カウンセラーになろう」と大学で発達・青年心理学を専攻し病理を学ぶうちに「こうなる前に何とかならなかったのだろうか」という思いが強くなり、教職と保育士の資格を取得しました。

  諸事情により卒業後は別の分野の仕事に従事いたしましたが、子どもの成人・自立を機に大学時代に取得した資格を活かして教育や保育の仕事に挑戦してみようと思い立ちました。

    保育士として放課後デイサービスや保育園で、子どもたちの「心の基地」になれたらと「保育」に取り組んでまいりましたが、子どもたちの成長には「保育」だけではなく「療育」も大切であることをラポール発達教室で学んでいます。療育の知識を深め技能を磨き「保育」と「療育」の両立を目指していきます。

    子どもたちと楽しく学び、保護者様と一緒にお子様の成長に携わらせて頂きたいと思っています。

保育所等訪問支援員
髙崎 亜希(保育士/幼稚園教諭/小・中学校教諭一 )

 教育大学初等教育課程にて、幼稚園教諭・小学校教諭一種・中学校教諭一種免許状を取得しました。療育センターで非常勤として務めました。その後、小学校の支援級教諭を経てラポール発達教室Advanceに参りました。保育所等訪問支援員として、お子さんを支えるご家庭・通園通学施設・発達支援を行う事業所が「one team」となるように、この三か所をつなぐお手伝いをさせて頂きます。

子どもたちにどんな困りことがあるのか、どんなことが将来に向けて必要なのかをその子の姿をじっくり見て関わることで見つけていこうと考えております。お父さんお母さんの心配事が少しでも軽くなるようアドバイスさせていただきます。共に考え、悩みながら子どもたちの成長を楽しんでいきましょう。

場所のご案内

PAGETOP
Copyright © ラポール発達教室Advance All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.